ブログ

2018.09.25

中秋の名月は満月とは限らない

昨日は中秋の名月でした。
私は23時頃空を見上げると、薄雲を通して月が見えました。
しかしiPhoneで撮っても映えないので友人のFacebookから借用します。

そして今日は満月。
つまり昨日は満月ではなかった?
「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことです。
 
農業の行事との関連性が高く、「芋名月」と呼ばれることもあります。
中秋の名月をめでる習慣は平安時代からあったと言われますが、団子を備える風習はいつ頃からでしょう。
 
太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日になります。
今年は9月10日(新月の瞬間は3時01分)が太陰太陽暦の8月1日で、9月24日が太陰太陽暦の8月15日です。
一方、天文学的な意味での満月(望)は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間の月のことで、9月25日11時52分だそうです。(T)