ブログ

2018.09.28

季節の変わり目、心のエネルギー不足にご注意!

 おはようございます

初めて投稿します。教員Kです

ここのところすっかり気温も下がり、肌寒くなってきましたね

また今年は台風のあたり年でもあり、明日や10月にもまだやってくる模様です。

そんな季節の変わり目は、心身の疲れがストレスとなり、【心の充電池】からエネルギーが不足しがちです。

 

最近、なんとなく気分が落ち込んだり、やる気がでないこと、ありませんか??

 

え!?そんなことをブログに書こうとしているKは…もちろんありますよ子どもが複数人おりまして、家庭のパパ業も忙しいのです(いいわけ

 

精神科医の奥田弘美さんは、そんな時に心の充電池にエネルギーを補う方法を3つ紹介しています。

 

1つ目は、【食事・睡眠・休憩をしっかりとる】

「え?こんなの当たりまえじゃ~んと思ったそこのアナタ。私もそう思いました。それだけにきっときっと大切な基本なのだと思います。

奥田さんによると、心とは「脳が作り出す思考パターン」。脳も体の「臓器の一部」。そのため、しっかり休むと健全な思考パターンが復活して元気になるのだとか。

 

2つ目は、【自分のわがままをかなえる】

普段「自分のわがままだから」「節約のために」とガマンしていることを緩めて、好きなことをして心から純粋に楽しむと、自律神経のバランスが整うそうです。

 

3つ目は、【身近な自然に触れる、手軽なリラックス・ツールを使う】

ポイントは「身近」なこと。遠出はエネルギーを消耗するので、近場の木々や草花、海・川などの自然に触れる。日光浴をしながら散歩をすると、脳のセロトニンが増えて抗うつ効果もあるそうです。

また、マッサージやリフレクソロジー、エステや入浴など、気持ちを緩めて時間を気にせずボーっとできる場所を見つけておくことが大切とのこと。

これらのことは、「甘えや逃げ」と思い抵抗がある人もいるようですが、「こころのエネルギーを保つために重要なスキルである」と認識して、セルフケアを実践していただきたいと伝えています。

 

 

ちなみに、私がストレスが溜まってきた時によく行っているのは、3つ目の「手軽なリラックスツールを使う」です。

そのリラックスツールとは自家用車。まだ交通量がとても少ない早朝に、20分位自分の好きなルートを、周りの景色や空気感・散歩している人などを眺めながらドライブします

よく散歩の方が血流も良くなるしおススメされていて、実際そうなのだろうと私も思いますが、散歩だと「景色が次々流れていく爽快感」が「圧倒的に足りない」のです。

...それだけ日々の生活に爽快感が足りてないんですね~。トホホ(泣&死語)。

もちろん、お散歩、おススメです。私も時々しています

 

さて、「あなたの【心の充電池】のエネルギーを補う方法」は何ですか?

 

それぞれ自分に合ったものがあると思います。そんな習慣を持っていることが、あなたにクッッ、いや

とても大きな豊かさをもたらしてくれるの「かも」しれませんね~ッ

 

では