ブログ

2018.10.04

ふくしの就活カフェ

こんにちは、本日のブログ担当Aです。

台風25号が近づいてきているようですが、いかがお過ごしでしょうか。
私は最近雨の日は洗濯ができないので憂鬱になります。昨日も洗濯していないので次に晴れた日に洗濯するとなると6日分・・・(ΦωΦ)
洗濯機がキャパオーバーで悲鳴を上げそうです。そして干し場のスペースも・・・洗濯の心配がなければ、秋の雨の日は好きなんですけどね。

さて、本題ですが、先ほど「平成30年度 福祉の就職&進学フェア~ふくしの就活カフェ~」@プラサ ヴェルデ(沼津市)にお邪魔してまいりました。
こちらは静岡県及び社会福祉法人静岡県社会福祉協議会 静岡県社会福祉人材センター主催のイベントで、介護のシゴト復職応援セミナーや事業所等との個別相談会、履歴書や面接のアドバイスコーナーなどがありました。もちろん、ドリンクコーナーもありましたよ

福祉系養成校に進学希望者も対象ですが、今回は福祉職場に就職希望の方がメインで学校ブースが設けられていないため、当校は福祉系養成校情報コーナーにパンフレットを置かせていただきました。また、セミナーも拝聴させていただきましたが、わかりやすく楽しく教えてくれて勉強になりました。

途中で失礼させていただいたのでそこまでの状況しかわかりませんが、参加者は正直少ないなと思いました。事業所数の方が多かったです。
平日の昼の開催なので仕方ないところではありますが、まだまだ介護や福祉の魅力を伝えきれていないのだと痛感しました。仕事がキツイのに給料が安いというネガティブなイメージが根強い気がします。確かにそういう側面もあるかもしれませんが、それは他の業界でも同じことが言える程度ですよー!

介護や福祉のネガティブなイメージを払拭していくのは業界の課題ですね。
現在介護職についている人々の待遇を上げていくことはもちろん、介護職に携わっていない人々からネガティブな反応をされないことも重要ですよね。他の仕事(デスクワーク等で給料が介護と同等かそれ以上)を選ばす、奉仕の精神でもって選んだ立派な仕事だというのに、あまりリスペクトされず、大変だねと軽く流される・・・そう考えると、業界の課題ではなく社会の課題かもしれません。真面目さ、実直さ、奉仕の精神を大事にする世にしたいですね。

ちなみに、今回のイベントは静岡県内の西部会場、中部会場でも開催されます。ご興味ある方は公式HPをご確認ください。