卒業生の声

夢を叶えて、日々現場でガンバっている先輩たち。そんな先輩たちも、みなさんと同じコトで悩んだりしてたはず!

サラリーマン時代のボランティアが介護の道へのきっかけでした。

稗島さん

ケアワーカー
社会福祉法人信愛会特別養護老人ホーム 天間荘
稗島さん(2005年卒)

大学・社会人として経験をし、遠回りをしたかもしれませんが今は介護の仕事について良かったと思います。
価値観や介護観などの違いなど大変なこともありますが、本校で先生方から教わったことをフル活用しての毎日が大変充実しています。
学校でさまざまな資格を取得しましたが、多角的な視点からご利用者さまの支援、より良いサービスの提供ができるように努め、これからは自己のさらなるキャリアアップを目指していこうと思っています。

ご利用者さまの笑顔を見る時がこの仕事を続ける原動力です。

藤田さん

ケアワーカー
社会福祉法人信愛会特別養護老人ホーム 天間荘
藤田さん(2009年卒)

介護だけでなくどんな場面でも必要なことがコミュニケーション技術です。認知症患者さんとのコミュニケーションはとても難しいですが、日々勉強しています。これからは、コミュニケーション技術だけでなく、個別のニーズに対応できるような介護技術・ケアの質の向上に努め、皆が安心できるケアが行えるように努力していきたいと思っています。

「コミュニケーション」の大切さを痛感しています。

内村さん

ケアワーカー
社会福祉法人十字の園 御殿場十字の園
内村さん(2007年卒)

介護の現場って、結構男性の力って大切だと感じています。女性の様なキメ細かい気遣いも大切ですが、やはり力仕事も多いので重宝されてます(笑)。在学中、学んで一番役立った事はやはりコミュニケーションですね。人を大事にする「優しさ」や「思いやり」など本当に基本的な事なんですが、しっかり授業として向き合った時に大切さを痛感しました。今はケアマネージャーの資格取得を目標にしています。

「ありがとう」って魔法の言葉だと思います。

久保田さん

ケアワーカー
社会福祉法人共済福祉会 伊豆白寿園
久保田さん(2009年卒)

現在は、利用者の方々の日常生活のお手伝いをさせていただいています。まだまだ駆け出しのケアワーカーですが、利用者の方々のちょっとした変化を見つけられたりすると本当に楽しいです。自分がどんなに疲れていても、利用者さんの「ありがとう」にどんなに助けられ、癒されたかわかりません。この言葉を聞けると、もっとがんばろうって思えるんです。まさに魔法の言葉ですよね。

自分の目指す「福祉の仕事」を見つけてください。

猪越さん

ケアワーカー
社会福祉法人十字の園 御殿場十字の園
猪越さん(2007年卒)

ケアワーカーの仕事は、利用者の方々の生活を支える仕事ですから労力的にも精神的にもとても大変です。それでも利用者さんの笑顔を見ると、この仕事を選んで本当によかったと実感できます。また、日々利用者の方々と接するなかで、学ぶこと、教えられることが多く私自身も、人として成長できる環境に感謝もしています。最近結婚して、プライベートも充実していますが(笑)結婚しても働けることもステキですよ。自分の目指す「福祉」をしっかり見極めて就職先も選んでください。福祉の仕事は多岐に渡ってありますから在学中にゆっくり見つけてください。